読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞうさんコップンカー旅行

昨日タイから帰国しました
今はウイルスにお腹をやられています
マジで3日間くらいヤバくてずっと水状のそれが出ます

死ぬほど心配性なので、わたしがタイからヤバい菌を持ち帰っていてわたしの職場から始まり日本中に蔓延しまくってパニックに陥り、穀物は豊作になり花は咲き誇りヒヨコは大量発生し…みたいなとこまで妄想しましたが、ネットで検索したらタイでお腹をやられてる人いっぱいいたのでな〜んだって言いました

今日ヤバかったら病院行こうかと思ったけどなんとなく固形なそれが出たので大丈夫かなと思ってます(タイでたくましくなり下ネタもかませる様になりました)


海外旅行は3年前に行ったバリ以来で、かなりテンあげな感じでタイ空港に降り立ちました

現地のガイドさんに連れられホテルへ
物価がかなり安いのでちょっぴりグレード高めのホテルにしました と言っても日本のビジネスホテルに毛が生えたくらいのものだけど、タイが想像以上に暑すぎてしょっちゅう着替えてたので、洗濯乾燥機がお部屋についてたのはかなり助かりました

1日目は午後からバンコク市内の王宮や寺院巡りツアーに参加
現地のガイドさん(おじさん)が片言で説明してくれて、ほとんど意味は分からなかったけどハゲてて歯が一本しかなくてかわいかったのでなんとなく許しました 
その日はスコールに見舞われたんですが、死ぬほど暑かったのにスコールの後は涼しい風が吹いて、寺院を歩きながらとてもいい気持ちでした

めちゃめちゃ中国人観光客が多かったんですが、ツアーの旗代わりに棒にピカチュウのぬいぐるみを突き刺しているガイドさんがいて、タイで図らずもデビルマンのラストシーンを思い出すことになりました

夜はちょっと贅沢をしてディナークルーズ
ビュッフェ食べたりエルビスのモノマネおじさんがいてすごい楽しかった 昼間に観光した寺院がライトアップされていてとってもきれいで、これにはかなり感動しました 


2日目はアユタヤの遺跡、寺院観光ツアー
これが一番楽しみだったので参加できて本当に良かった
1日目とは違う現地のおじさんガイドさんに案内してもらいました マジで國村隼に激似で心の中でおじきって呼んで勝手に慕ってました

このガイドさんはEXILEの誰かの観光案内をしたことがあるのが自慢らしく、世界遺産の前でEXILEとツーショットの写真を見せてきたり、世界遺産の前で野良犬の紹介をしてきたりしました  世界遺産の紹介をしろよ
でもめちゃめちゃいい人だった


3日目はパタヤのラン島へ
そうです「パタヤビーチへようこそ!」のパタヤです(笑う犬世代は思わずニヤリですね)

その日のガイドさんは片言の関西弁でウケを狙ってくるちょっとレベルが高めのおじさんでしたが、それよりミッチーサッチーのモノマネを完コピした方が一定の年齢層にはバカウケだと思うのでぜひ取り入れて頂きたい

ラン島はかなり賑わっていて、ぎゅうぎゅうにパラソルとビーチベッドが敷き詰められてました  タイギャル*1がかなり強そうだった

海でテキトーに遊んだり寝っ転がったりパラセーリングしたりパラセーリングのお兄さんに求婚されたりしました 「アイシテルヨ〜」だそうです

夜は調子にのって高層ビルのてっぺんにあるバー的なところへ
かなり風が吹きすさんでいてサラダの野菜が吹き飛んだり、ずっと、本当にずーーーっと自撮りかましてるムキムキのお兄さんとかがいてヤバめでした でもたまにはおしゃれしてこういうおしゃれな空間に行くのもすごい良いですね 50テンあげポイント獲得です

最終日はココナッツファームに寄ってからのぞうさんにのってジャングルをお散歩するというツアーへ
これもかなり楽しみにしていたイベントだったので行く前から30テンあげポイントを獲得していたのですが、ぞうさんが死ぬほどかわいくて1億5000テンあげポイントが発生しました

乗るとけっこう揺れてうっひょう!って感じでした   毛は思ったよりも硬めでした
まだ子ぞうみたいで、途中で道草して文字通り草を食べたりしてめっちゃかわいかったです
ぞうさんマジコップンカー


なんかタイはめちゃめちゃ楽しかったんですが、やっぱり日本はきれいすぎるのか、衛生面がかなり苦痛でした 特にトイレはホテルとかショッピングモール以外は水洗じゃなくて自分で桶に水をすくって流すスタイルで、紙も流せずゴミ箱に捨てる様な感じでした

こういうことを気にしては旅は出来ないと思いつつも、トイレに入るとトイレの主みたいなおばさんが縫い物をしていて、個室には紙がないのでそのおばさんにヘコヘコして「へへ、すいやせんね…」という感じでトイレットペーパーを貰わなくちゃいけなかったり(しかもちょっぴりしかくれない)最終日に既にお腹がヤバめだったわたしには泣きそうなイベントでした
ポケットティッシュとウエットティッシュを大量に持って行って本当に大正解でした 5日前のわたしを抱きしめてあげたい

でもそういう文化の違いもひっくるめてとてもいい勉強になったなあと思います
街を歩くだけでも人や匂いに圧倒されて、海外慣れしていないわたしにとっては、とっても刺激的な5日間でした

今は晴れた公園で寝っころがって子供の遊ぶ声を聞きつつ水洗トイレのありがたみを感じてこれを書いています
風がとっても気持ちいいです

なんかタイについてもっと書きたかったけど上手に書けなくて最終的にガイドのおじさん記になってしまったけど、今度はお腹を強めてタイリベンジしたいです

以上だ!

*1:タイのギャル。時代的にはちょうどAYU。